ホーム > 独り言 > 裁判所に通う手間

裁判所に通う手間

特定調停も任意整理による解決と同じように債権を持つものに対し借金の支払いを行っていくことを前置きとした借金を整理する手順のことです。

 

わかりやすくいうならば裁判所が関係する任意整理といえます。

 

特定調停も任意整理と同じように、自己破産手続きと違い一部の借金だけを処理することが可能ですので、保証人が付く借入金を除き処理していく際や住宅ローンの分以外で整理したい際などにおいてでも使用することも可能ですし全ての資産を手放してしまう必要がありませんので自動車や戸建て住宅などの資産を所有していて、放棄したくない場合でも有力な選択肢になる借金整理の手続きになるでしょう。

 

いっぽうで、これから返済していく額と実際に可能な所得を比較して、ある程度返済の計画を立てられるようである場合は特定調停による処理を進めることに問題ありませんが自己破産手続きと違い借金自体がなくなってしまうという意味ではありませんので、借りている額が多い状況では、残念ながらこの選択肢を選ぶのは難しくなると考えるのが無難でしょう。

 

いっぽう、この特定調停は公的機関が中に入るので司法書士等に関わってもらわなくても不利になるようなことはないという点とか、処理のための諸経費を節約できるという良いところは魅力的ですが貸方からのきびしい取り立てに自ら対処することになることに加え、実際に裁判所に通う手間を要するという注意点もあります。

 

また、任意整理による方法に対して最終段階でも解決が得られないような場合は借入利息をすべて含めた計算で返済していかないといけないことや最終的に貸方に対して支払っていく金額が任意整理による解決の場合よりも割増しになる傾向があるといった留意点もあります。

 


関連記事

  1. 裁判所に通う手間

    特定調停も任意整理による解決と同じように債権を持つものに対し借金の支払いを行って...

  2. 不可能ではないかも

    破産申告の際に持っている借り入れに対しほかに保証人が存在する場合は、きちんと話し...