ホーム > 風景 > マーケットがすべて

マーケットがすべて

よくある初心者向けのFXの教科書では、「損が生まれた時にはナンピンを入れることによって、全体の買い付けコストを抑える事ができる」等と書かれているが、正直ナンピンにはかなり大きな引っ掛けが待ち受けています。

 

まずはじめに、ナンピン買いの手法について手短に記述しておきます。

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$買いですので円安ドル高に推移するほど黒字が大きくなりますが反対に1ドル=95円までドル安方向に向ったとします。

 

このままの状態で保持し続けたとしたら、損がなくなるまでにはドル安になった分ドル高が進まなければならない。

誰もがみんな、損は早急にリカバリしたいと願います。

 

この状況を変えるため最初に売り買いしたのと同額のドルを1ドル=95円で買い増しする。

それによって、平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

 

結果として、2円50銭の幅で円安ドル高に向えば赤字を回復できる。

 

この流れがナンピン買いのロジックだ。

ぐっさん日記

このような、ナンピン買いの原理を理解すると、「その通り」という考えになるが、外国為替市場は易々と思い通りにはいきません。

 

1ドル=95円が底だということなど誰も予想できません。

仮定として、マーケットが相当に強いドル安基調だとすると95円では下げ止まることなく、更に一段の円高ドル安にいく可能性がある。

 

一例として、97円50銭でナンピン買いをした場合に、95円まで円高になったら、ナンピンしたポジションにも、為替差損が生じることになってしまうのである。

 

そういう状態では初めに取引したドルと全部で、2倍の損失が生まれます。

 

この通り、ナンピンは難しいのだ。

 

それなら、為替があなたの筋書きとは反対にみるみる行ってしまった場合、どのような手法で危険性を回避すればいいのでしょうか。

 

選べる道は2つしかありません。

まずひとつめは執着しないで損切りをする事です。

 

ふたつめは所有している買いポジションを減らす事で、マーケットが回復するのを動かないで待つ事です。

かなり後ろ向きな対策だと思う人もいるでしょう。

 

けれども、ポジションに損失が生じた場合最も効果のある方法はそれ以外にはありえません。

 

勿論、理論上は、ナンピンという対策もあるように思える。

けれどもナンピンは自分か損失を出している場面で買いポジションを減少させるどころかそれとは反対に買いポジションを積み増していく手段です。

 

この考え方では、危険を管理することなどどうやっても可能ではないと思ったほうがいいです。

 

ナンピン買いをし続けられればその内勝てるかもしれません。

でも、それより先にお金は不足してしまいます。

 


関連記事

  1. 電車の中で

    電車でなにも考えず座っている時に、よくきれいだなって思う人と出会います。もちろん...

  2. マーケットがすべて

    よくある初心者向けのFXの教科書では、「損が生まれた時にはナンピンを入れることに...